NPO法人生き方応援団ララの理念

①世界保健機関(WHO)が定める健康の定義(病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされている状態。)を様々なイベント、活動を通して広く社会に呼び掛けていく。

②障がいあるなしに関わらず、助け合いの心で全力のサポートをし、社会的に弱者と呼ばれてしまう人の社会的な価値を上げ、支援を行う。

③障がいのある方とそうでない方の相互理解を進め、心のバリアフリーを実現する。

④団員として関わってくれている仲間達の自己実現をサポートし、更にその力を外へ発信していってもらえるように道を作っていく。


ミュージシャンとして・・・俳優として・・・
また、旅人として・・・自身も精神疾患患者として・・・
沢山の人と接し、沢山の夢、そして現実を見つめてきました。

社会的弱者と見られているような人達に弱者である事を認識させる場は沢山あります。
私は、多くの遠回り、多くの傷を持ち、多く願い、歩んできた人には、
他の人にはない輝きがあると思っています。

人は可能性に満ちている!

その事を気付かせ、本当の意味での背中押しをする場を私は作っていきたいと思っています。

「誰かのやりたいをあなたと叶える」
「あなたのやりたいをみんなで叶える」

シンプルで、言おうと思えば色々言えてしまうような合言葉ですが、
当法人ではまともに求めて、活動をしていきます!

特定非営利活動法人「生き方応援団ララ」 
理事長 山田賢明